2021年版南極カレンダー | 日本極地研究振興会

1/7

2021年版南極カレンダー

¥ 1,600税込

¥ 2,000 20%OFF

別途送料がかかります。送料を確認する

商品をアプリでお気に入り

2021/02/04~ コロナ禍につき大幅ディスカウント実施!

通常南極カレンダーは、国立極地研究所の南極・北極科学館のミュージアムショップや、当財団の立川事務所、「よりもい」等のイベントで販売しています。
しかし、今年度はコロナ禍により科学館の休館が続いてショップを全く開けず、当初見込んだ販売数に至らないため、思い切った値引きを決めました。

BASEショップでの販売は1部 (単品) または、2部、5部での複数口販売を受け付けております。
1部では当初販売価格から20%オフの1600円、さらに複数口販売の2部では25%オフ、3部では33%オフでの販売となります。

その他部数での販売につきましては、shop[アット]kyokuchi.or.jp までお問い合わせください。

商品紹介

日本極地研究振興会では、南極観測事業から得られた成果を広く社会に普及啓発するための事業の一環として、毎年「南極カレンダー」を制作・販売しています。
南極探検・観測の長い歴史の中の特筆すべきイベントが、その起こった月日に記載されており、また各月の写真についての解説も最後のページにあり、カレンダーを見ながら南極について楽しく学ぶことができます。

2021年版は、各月の写真に第60次および第61次南極地域観測隊の隊員が撮影した最新の写真を使用し、観測隊の活躍とオーロラなど南極の自然の驚異をお届けします。
図のように11月20日、海上自衛隊の南極観測船「しらせ」で出港した第62次南極地域観測隊のロゴマーク付きもご用意しております。

商品詳細

サイズ:B3(横36.4cm × 51.5cm)
写真内容
1月:リュツォ・ホルム湾の定着氷域に到達した南極観測船しらせ
2月:東オングル島に広がる昭和基地の全景
3月:トッテン氷河沖のコウテイペンギンとアデリーペンギン(
4月:トッテン氷河沖のポリニアの鏡のような海と氷山
5月:昭和基地上空のオーロラ爆発で地面も緑色に染まる
6月:昭和基地上空の天の川とオーロラに照らされた3基の20kW風力発電機
7月:セール・ロンダーネ山地の強風で形成されたウインドスクープ地形
8月:無人気象観測装置設置のために南極大陸を雪上車で進む内陸旅行隊
9月:ラングホブデ沖の海氷上で日向ぼっこをするウェッデルアザラシ
10月:スカーレン氷河の末端が氷瀑となって海に流れ落ちる
11月:セール・ロンダーネ山地でスノーモービルで移動する地質調査チーム
12月:昭和基地から5kmの海氷滑走路に着陸した2機のバスラーBT-67

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 1,600税込

¥ 2,000

最近チェックした商品
    セール中の商品
      その他の商品